美容のために自分に時間を掛けています

美容

美容のために自分に時間を掛けています

指の爪が30歳になった頃から変化してきました。縦線が入ってきて、ネイルがきちんとぬれなくなってしまったのです。美容の中でも何よりもネイルが楽しみなので、このままではいけないとケアに力を入れることにしました。常にトップコートを塗り、爪を直接空気に触れさせないように心がけました。そして、お風呂に入った時に指先を揉み解しました。指先をもむことによって、血流アップを促進することを狙ったのです。指のマッサージはすぐに高い効果を実感することができました。指先の血色が良くなり、ささくれもできなくなりました。ケアをすることで自分の体をいたわることができ、幸せな気分になることができました。自分に時間を使うことで気持ちまで豊かになれることに気づきました。毎日忙しい生活の中で、できることをしてあげることで満足感を高めることができました。美容においていい習慣を身につけることができたと分かったので、これからもできる範囲で続けて生きたいと思います。